グランドピアの特徴

ピアノと言えば一般的にグランドピアノを指します。コンサートホールなどで使われるピアノの王様です。
地面に対して水平に弦を張るため、非常に大型の楽器になります。そのため十分な共鳴を得られる広い部屋に設置するのが理想とされています。

 

グランドピアノ・アップライトピアノ・電子ピアノの特徴

 

グランドピアノも大きさによっていくつかの種類に分けられています。
全長が約2〜3mのコンサートグランド、それより小さいのがパーラーグランドで1.7〜2m、ベビーグランドはさらに小さいグランドピアノです。

 

グランドピアノの音色は、弾き手の表現を最大限まで生かすことができると言われます。音の強弱がつけやすい、伸びが滑らか、音ムラがないなどの特徴があります。

 

グランドピアノは主に演奏家が用いることが多く、将来、演奏家を目指すのであれば、なるべくグランドピアノで練習する機会を多く作るべきでしょう。

アップライトピアノの特徴

ピアノを設置する場所に限りがある場所での演奏をするために作られたと言われているのが、アップライトピアノです。フレームや弦を垂直に配することでコンパクトにすることができました。
学校や家庭で最も多く利用されています。

 

アップライトピアノはグランドピアノより音色は劣ります。特にジャックをハンマーに引き戻す機構がアップライトピアノには備わっていないことが多く、連打性能が劣るといわれています。

 

グランドピアノ・アップライトピアノ・電子ピアノの特徴

電子ピアノの特徴

電子ピアノはデータ化された音源が内臓されたピアノ型の楽器です。
アコースティックピアノに比べて、価格が比較的安く購入できます。

 

電子ピアノが生のピアノと違うのは、生ピアノは鍵盤を押し、内部のハンマーで弦を叩いて発音します。電子ピアノには弦がないので、鍵盤はスイッチの役割をしていて、内部音源をスピーカーを通して音を出しています。

 

電子ピアノに似てると思われている、エレクトリックピアノは、打弦機構を持っている点が電子ピアノとは違っています。また、シンセサイザーはピアノ以外の音が出せる鍵盤楽器です。自分で音色を作ることができるのが最大の特徴で、一般のピアノと違うところです。